2013年11月30日

自己効力感-俺ってやればできる-

自己効力感とは?


自己効力感(セルフエフィカシー)は、モデリング学習のバンデューラが提唱した概念です。

自己効力感(セルフエフィカシー)は、「やればできるだろう」といった自信のようなものです。

自己効力感とやる気


自己効力感はやる気に影響すると考えられます。
「やってもどうせできないだろう」と考えればやる気は出ないことはすぐ予測できるでしょう。

自己効力感とセットで結果期待も覚えておきましょう。
結果期待とは「こうすればこうなるだろう」といった行動実行後の結果の予測です。


自己効力感を高めるには?


・達成経験をする
自己効力感の高低は経験によって決まるところが大きいと思われます。
失敗経験ばかりしたり、少し成功しただけでは褒めてもらえなかった人は、自己効力感は低くなっていくでしょうし、
反対に、成功経験ばかり経験していたり、成功したときに褒めてもらえることで自分に自信を持って、自己効力感が高くなることでしょう。

経験によって自己効力感が高まるとすれば、これからの経験によっても自己効力感を高めることができるかもしれません。

具体的に自己効力感を高める方法としては、
1、目標を高く設定しすぎずに、無理のない目標を設定する
2、目標を達成する経験を重ねる

すると自己効力感がアップしていくでしょう。

・代理経験
上のような達成体験は自己効力感を高めることができますが、そのほかにも「代理体験」によって自己効力感を高められる可能性があります。
代理経験によって自己効力感が高まるとは、言い変えれば「モデリングすれば自己効力感が高まる」ことです。
代理体験とは「他人がやってるのを見る」ことで、代理体験によって「自分にもできるかも?」と思えば、自己効力感が高まるでしょう。

・言語的説得
他人から説得されることによって自己効力感が高まることもあります。
しかし、言語で説得されて高まった自己効力感は消失しやすいといわれています。

・情動喚起
情動が引き起こされることによっても自己効力感が高まることもあります。

タグ:やる気
posted by 心理士さん at 07:48| Comment(0) | 行動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: