2013年12月01日

暴露反応妨害法(ERP)

暴露反応妨害法とは


暴露反応妨害法ERPとは、
暴露反応妨害法では、クライエントが不安や恐怖状況に暴露されたときに行う反応をさせない(妨害)ことで、不安や恐怖を軽減します。

暴露反応妨害法の意味


暴露とは、不安や恐怖の状況に曝す(さらす)ことです。
暴露反応とは、不安や恐怖の状況に曝されたときに行うクライエントの行動です。
暴露反応妨害とは、不安や恐怖の状況に曝されたときに行うクライエントの行動を妨害することです。

言葉の意味でなんとなくわかったんじゃないでしょうか?

暴露反応妨害法のメカニズズム


前回紹介したエクスポージャー法は、暴露法と呼ばれ、暴露という名前の通り説明すれば、
単に不安や恐怖刺激にさらすことを意味しています。
一方、暴露反応妨害法は、さらされたときにクライエントが行う行動を妨害する点に重きが置かれます。

エクスポージャーの記事でも、不安や恐怖が維持されるメカニズムを説明しましたが、もう一度説明します。

回避することが原因


何かに不安や恐怖を感じるクライエントは、不安になったとき、恐怖の対象に出会ったとき、それを回避しようとします。
回避というのは、単に避けることだけではありません。

たとえば、
・汚れを極度に怖がる人が、手にゴミがついたときに何回も手を洗うこと
・対人恐怖の人が、人と会話をするときに目を合わせないこと
・クモを極度に怖がる人が、家でクモを発見したとき、クモと関係ない別のことを考えること
これらの行動(暴露反応)は、回避と言えます。

回避していると、その恐怖や不安に慣れていきません。
なので、暴露反応妨害法では、回避(暴露反応)させずに直面することが求められます。


暴露反応妨害法の基本的な理論を説明しました。
具体的に、強迫性障害の人にどうやって暴露反応妨害法を使ったらいいのか?
社交不安の人にはどうやって暴露反応を妨害するのか?
といった方法については後ほど・・・

posted by 心理士さん at 09:46| Comment(0) | 行動的技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。