2015年07月26日

パニックはなぜ起こる?―パニック発作のメカニズム-

パニック発作のメカニズム


認知行動療法では、パニック発作は古典的条件付けによって説明されます。

つまり、「軽微な身体的変化」と「パニック発作」の条件付けがパニック発作のメカニズムとなります。
軽微な身体的変化が生じると自動的にパニックが生じるということです。

これは古典的条件付けによるS-R連合です。
ワトソンのアルバート坊やの実験で言えば、軽微な身体的変化はウサギ(S)で、パニック発作は驚愕反応(R)に相当します。


パニック発作への認知行動療法


軽微な身体的変化とパニック発作が条件付けられていると考えるため、
この繋がりを断つことが治療になります。つまり軽微な身体的変化が生じてもパニックが生じないようにするということです。

パニック発作という反応を消去するためには、軽微な身体的変化のみを繰り返し提示することで、パニック発作が生じないようにします。

その具体的な方法は、自ら呼吸を荒くして過呼吸のような状態を作ったりします。
これは内的エクスポージャーや身体感覚エクスポージャーなどと呼ばれます。


参考書籍「不安もパニックもさようなら。不安障害の認知行動療法」

専門家的な内容ですが、不安やパニックについてはこの一冊をしっかり読めば理解できます。
専門的な書籍のためやや高めですが、値段以上の価値があったと思います。


次回も認知的・行動的な視点から広場恐怖を理解していきます。

posted by 心理士さん at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動的技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。