2015年11月06日

オペラント条件付けに基づくPECS

PECSとは?


PECS(絵カード交換システム)は言葉が出にくい自閉症児や知的障害児などに用いられる代替コミュニケーション法の一種で、療育現場などでしばしば使われます。

PECSはオペラント条件付けに基づいた技法です。
絵カードを渡すという行動に対して、絵カードに描かれたものをあげる(正の強化)、ということを行います。


PECSの手順


まずは使い方を覚える


まずは補助が一人と、絵カードに描かれたものを与える者が一人必要です。
自閉症児が何かを欲しがっていそうな時に、補助をする人が絵カードを渡すように促します。
このとき、「これ渡してね」というような言葉ではなく動作で促すことがポイントです。

初めは1枚の絵カードだけを見せて相手に渡すようにします。
次第に複数の絵カードから欲しい物(やってほしいこと)の絵カードを1つ選びます。


使い方を覚えたら般化


絵カードの使い方を覚えたら次は般化です。
絵カードを遠くに置いても、学校でも家でも、別の人が相手でも、絵カードが使えるように般化していきます。補助をする人(プロンプター)もなしで実施していきます。

詳しい実施方法についてはオペラント条件付けに基づくPECS2で



PECSで用いる絵カードがCDに収録されています。パソコンに入れて印刷する必要があります。
プリンターがない場合はUSBにコピーしてコンビニのプリンターにさせば印刷可能です。



posted by 心理士さん at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動的技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。