2016年05月18日

行動心理学(全般的)のおすすめ本

行動心理学の本(一般向け)
まずはじめは、だれでも読める行動理論の本です。
はじめての応用行動分析 日本語版
発達障害支援の現場などで特に役に立つ応用行動分析の入門書です。
基本となる行動理論などの解説があり、例題も載っているので実践にも応用できます。
読みごたえはあるのでさくっと読めるものとはいえませんが、基本を押さえておくには良いでしょう。

行動分析学入門
行動分析の入門書です。




新世代の認知行動療法
熊野先生の本で第三世代の認知行動療法について紹介されています。ACT、マインドフルネス、メタ認知療法、弁証法的行動療法などについて解説があります。部分的に難しいこともありますが新しい認知行動療法の流れを把握するには良いでしょう。




ケースで学ぶ行動分析学による問題解決


どちらかと言うと実践に向けた行動分析の本です。様々なケースを元にどのように分析していくかが分かりやすく書かれています。



やや専門的
ここからは、やや詳しく専門的に行動理論を知りたい人のための本です。
応用行動分析学




かなり専門的
専門的な内容の本となります。
オペラント行動および動機づけ行動のセッション内変動に関する数量モデルによる研究
入門書を全く読んでいない方は、まずは入門書をいくつか読むことをおすすめします。




本を読むのは苦手な人のための教材
本を読んでも理解できない、記憶できない、読む気がおこらない、という人の場合はDVDの方がスッと頭に入りやすいのではないかと思います。










posted by 心理士さん at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438008747

この記事へのトラックバック