2016年08月07日

療育で誰もが使っている[応用行動分析]

療育現場で起こる子供の行動問題


発達障害児の療育で欠かせないのが応用行動分析(ABA)です。
応用行動分析のセラピストは子供の様々な行動問題に対応します。


療育では、とりわけ自閉症児やADHD児の行動問題がつきものです。
《トイレに流れないものを流して詰まらせる》
《おもちゃをなげる》
《机をたたく》
《掲示物をやぶく》
《他の子供の髪をひっぱる》
などなどきりがありません。


応用行動分析ではこのような行動問題に対処します。



三項随伴性


応用行動分析では、随伴性の操作による行動の増減を目指します。
随伴性はすでにご存じでしょうか?

例えば---------------------------------------------------
ひとりでポツンといる状況下でオモチャを投げると、「コラ」と周囲の大人が叱ります。
そうすると同じような状況下で同じような問題行動を繰り返すようになります。
--------------------------------------------------------

このような一連の流れを単に随伴性とも言いますが、先行事象⇒行動⇒結果の3つの繋がりで考えているので特に三項随伴性と言います。




少し脱線しますが、この事例の場合は「コラ」と叱られることがオモチャを投げる行動を維持していると考えられるので、「コラ」という声かけは報酬と捉えます。

もしかしたら一人でポツンといるよりも、叱られてでも注目されたかったのかもしれません。




非常によくある行動分析の勘違い


ここで行動分析で非常によくある勘違いは「叱ることが罰、褒めることが報酬と考えること」です。
叱る・怒ることは必ずしも罰ではありませんし、褒める・物をあげることが必ずしも報酬ではありません。
行動分析では行動の結果そのものが「報酬だ」「罰だ」とは言いません。

教育や療育現場でしばしばこの勘違いが見られます。
「悪いことをしたら叱るべきだ」と聞くと納得しそうになりますが、
問題行動を減らすのが目的であれば叱ることが逆効果になってしまう危険性があります。


では報酬や罰っていったい何でしょうか?



報酬と罰って?


行動分析(応用行動分析)では、行動を増やす機能をもつ結果を報酬行動を減らす機能を持つ結果を罰と呼びます。


簡単に言うと
叱った後に行動問題が減れば、叱ることは罰だ
叱った後に行動問題が増えれば、叱ることは報酬だ
と考えるということです。



下のページで応用行動分析の入門書として読みやすい本をランキングにしています。
http://behavior-psycho.seesaa.net/article/438008747.html

posted by 心理士さん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動的技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。