2016年08月08日

癇癪を起こす子供にどう接すればいい?応用行動分析:ABA

応用行動分析とは?


応用行動分析(ABA)というのは、行動分析を応用し不適応的な行動を減らしたり適応的な行動を増やすことを目的とした行動的技法です。

応用行動分析は、しばしば自閉症などの子供の行動変容を目的として用いられます。


応用行動分析のやり方


応用行動分析(ABA)では、複雑な現象を、A(先行子)B(行動)C(結果)の3つに分けます。


■癇癪を起こす子供の事例
A.ひとりで遊んでいる
B.癇癪を起こす
c.心配して誰かが近寄って来てくれる

このように癇癪という問題行動をABCに分けて分析していきます。
この場合、ひとりで遊んでいる状況(A:先行子)を無くすか、近寄っていく(C:結果)ことをやめる、
という支援方法が考えられます。

しかし、ひとりで遊んでいる状況を無くすことは現実的に不可能な場合があるため、
C(結果)にアプローチすることになるかもしれません。
つまり、[心配して誰かが近寄ってきてくれる]の代わりに癇癪を強化しない結果をもたらします。


■電車に乗れない事例
A.先行子・・電車を思い浮かべる
B.行動・・電車を避ける
C.結果・・不安が起こらない(負の強化)

電車に乗ることを避ける行動をした後、不安が生じないという結果(C)をもたらしています。
そのため、行動が強化されて電車を避け続けるようになります。
これは負の強化によって回避行動をとるようになったと解釈できます。

不安が生じるようになるメカニズムは古典的条件付けから説明されますが、
不安が生じないように回避行動をするメカニズムはオペラント条件付けから説明できます。



ステップアップ-先行子について-


少し詳しい話になります。

標的になる行動の直前の刺激のことを先行子といいます。
※先行事象・先行刺激・A・状況など呼び方はいろいろあります。


先行子を分けると弁別刺激確率操作の2つになります。

弁別刺激は、[結果によって強化される行動]の前に存在する先行子です。
きっかけと言うとわかりやすいかもしれません。

確率操作は、行動が生起する確率を高める先行子です。
体調の良し悪し、一緒にいるメンバー、眠気など様々なものが確率操作になり得ます。

例えば、-----------------------------------------
気分が悪いときに(確率操作)、近くで大声を出されると、泣き叫ぶ。
泣き叫ぶと大人が心配してくれる。
------------------------------------------------

この場合、普段は大きな声を出されて泣き叫ぶことは少なくても、
気分が悪いことによって、大きな声を出されたときに泣き叫ぶ確率が上がっているのかもしません。


まとめ


・応用行動分析(ABA)は行動の増減を目的とした行動的技法
・ABCに分けて分析する
・A(先行子)とC(結果)にアプローチすることで行動(B)の増減を目指す



posted by 心理士さん at 08:00| Comment(0) | 行動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

応用行動分析で言うところの[行動]とは何か?

応用行動分析学でいう行動とは何か?


この中で応用行動分析でいうところの行動はどれでしょうか?
・朝目が覚める
・歯磨きをする
・学校に向かう
・雨にうたれる
・雨が目に入り瞬きをする
・学校の発表時間で黙っている





どれが行動かわかりましたでしょうか?


オペラント行動


・歯磨きをする
・学校に向かう
は行動です(オペラント行動)。

レスポンデント行動


・目に雨が入り瞬きをする
は行動です。
...がレスポンデント行動と言って上のオペラント行動とは違います。

行動ではないもの


・朝目が覚める
・雨に打たれる
・学校の発表時間で黙っている
は行動分析でいうところの行動ではありません



応用行動分析では1番目のオペラント行動を扱います。



posted by 心理士さん at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

行動心理学(全般的)のおすすめ本

行動心理学の本(一般向け)
まずはじめは、だれでも読める行動理論の本です。
はじめての応用行動分析 日本語版
発達障害支援の現場などで特に役に立つ応用行動分析の入門書です。
基本となる行動理論などの解説があり、例題も載っているので実践にも応用できます。
読みごたえはあるのでさくっと読めるものとはいえませんが、基本を押さえておくには良いでしょう。

行動分析学入門
行動分析の入門書です。




新世代の認知行動療法
熊野先生の本で第三世代の認知行動療法について紹介されています。ACT、マインドフルネス、メタ認知療法、弁証法的行動療法などについて解説があります。部分的に難しいこともありますが新しい認知行動療法の流れを把握するには良いでしょう。




ケースで学ぶ行動分析学による問題解決


どちらかと言うと実践に向けた行動分析の本です。様々なケースを元にどのように分析していくかが分かりやすく書かれています。



やや専門的
ここからは、やや詳しく専門的に行動理論を知りたい人のための本です。
応用行動分析学




かなり専門的
専門的な内容の本となります。
オペラント行動および動機づけ行動のセッション内変動に関する数量モデルによる研究
入門書を全く読んでいない方は、まずは入門書をいくつか読むことをおすすめします。




本を読むのは苦手な人のための教材
本を読んでも理解できない、記憶できない、読む気がおこらない、という人の場合はDVDの方がスッと頭に入りやすいのではないかと思います。










posted by 心理士さん at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする